軽自動車の廃車手続きを自分でやるより廃車 買取業者に買取ってもらった方がオトクです!

軽自動車の廃車 手続きをする前に・・・ > 廃車の流れ > 解体返納、自動車検査証返納届の流れ

廃車の流れ

解体返納、自動車検査証返納届の流れ

軽自動車を解体返納、自動車検査証返納届をする場合の流れは、以下の通りです。

■1.書類の準備
軽自動車を永久抹消登録をする場合は、以下の書類が必要です。
事前に準備しておきましょう。

・車検証(自動車検査証)
・ナンバープレート(2枚)
・所有者の認印
・申請書(管轄の軽自動車検査協会で取得)
・自動車取得税申告書(自動車税事務所で取得)
・軽自動車税申告書(自動車税事務所で取得)
・自動車リサイクル券

※なんらかの事情で所有者本人が行けない場合には委任状が必要です。

■2.軽自動車検査協会へ行く
軽自動車検査協会の受付窓口へ行きます。

そこで、抹消登録手続きを行いに来たことを伝えてください。
そうすると申請書を渡され、記入方法などを教えてくれますので
記入してください。

■3.手数料の納付
必要書類を書き終えたら収入印紙売り場で
印紙を買ってください。

そして納付書などの所定の位置に貼り付けください。

この作業は自動車免許の更新のときのような感じです^^

■4.ナンバープレートの返納
軽自動車検査協会の中にナンバープレート用の返納窓口がありますので
そちらに持ってきたナンバープレートを渡してください。

泥などがついて汚れている場合には綺麗にしておきましょう。

最後に写メをなどで記念撮影しておくことをオススメします^^

■5.再び受付窓口へ
全ての必要書類の記入が終わり、印紙も貼り終えたら
書類をまとめて受付窓口へ提出してください。

受付の方が書類をチェックします。

もし、問題があった場合には、問題の箇所を訂正して
再度、窓口に持っていってください。

問題が無ければ廃車手続きは完了です!

■6.軽自動車 検査証 返納確認書の発行
軽自動車検査協会の中に、車検証の発行窓口があります。

廃車手続き完了後、しばらく待っていると
車検証の発行窓口から呼び出されます。

そこで、検査証返納確認書を発行してもらえるので
貰ってください。

以上の6ステップで軽自動車の廃車手続きは終了になります。


それでも廃車にしますか?

軽自動車の廃車手続きは、必要書類を集めてから
軽自動車 車検協会に持って行って手続きをしなければなりません。

廃車の手続きは、お金も時間もかかってしまいます。

しかし、廃車 買取業者に依頼すれば
思わぬ値段で買取ってもらえる可能性があります。

廃車にするような自動車でも高く売る秘訣